TOPICS

もりの子っこ(年中・冬)

園長のめせん

今日はもりの子っこ(年中・冬) 最後の締めくくりは、 年長を見すえて、 能勢野外センター散策です。 地域散策や自然遊び、 子ども達は能勢を、 楽しんでいました。   ・遊具のある場所、いきません。 ・自然のある場所に、いきます。 「もりのこっこ」とは、 「鎮守の杜(もり)の子ども(つまり当学園の子ども)」が、 「森の子ども」になるという意味です。 今年度の子ども達、 「森のこども」になあれ。